スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MOMENTUM 生まれ変わる

IMG_2037.jpg

MOMENTUMは私のお気に入りヘッドホンのひとつである。
ポータブルヘッドホンとしてiPod classicの良きパートナーでありその実力には大変満足しているのであるが、
時に期待外れな音を聴かせてくれる事もあるのだ。

nadeahvenusgeseven.jpg      001.jpg


ダイアン・バーチとナデアは私のお気に入りアーティストである。
以前、MOMENTUMとのマッチングについて書いたが、その結果は評価出来るものではなかった。

♯1 Nadéah(ナデア) / MOMENTUMで試聴
♯2 Diane Birch MOMENTUMの柔らかさ

さて、このままでは終われない。
私の性格上どうしてもお気に入りのMOMENTUMでお気に入りのアーティストを上手く鳴らしてみたいのだ。
ダイアン・バーチは、私が初めて食べた白トリュフの感動を思い起こさせる様な素晴らしいアーティストだ。
そしてナデアは私から赤ワインを取り上げる程のアーティストである。
そんなアーティスト達の生き様をより鮮明に感じ取る為には音に拘る必要がある。
音を聴けばそのアーティストの生き様とソウルを感じる事が出来る。それが音楽家であると私は考える。
そして音に拘るのは聴き手よりも音楽家自身であるのは言うまでもなく、音楽家が作り出す拘りの音を、より高音質で聴きたいという願望は自然な流れである。

より高音質でアーティストの作り出す音を感じたい、その生き様をより奥深くまで感じたい、
その方法としては手っ取り早くHD700やHD800の高音質ヘッドホンを手に取ればいいのだが。
ところが私がバカである理由がここに存在する。
どうしてもMOMENTUMでダイアン・バーチとナデアを上手く鳴らしたいのだ。
もっと細かく言えば、どうしても職場での休憩時間にMOMENTUMで聴きたいのだ。

上を見ればキリがない。ならば初めから頂点を見ればいいのだ。
MOMENTUMでナデアとダイアン・バーチを上手く鳴らす為に、かなりの出費となったしまった訳だが、それも仕方の無い事であろう。
これぞ男のロマンではないだろうか。
1kg50万円の白トリュフや100万円のロマネコンティを買う事を考えれば、私等子供みたいなもんである。
そう自分に言い聞かせながら少し憂鬱な朝を迎えるのであった。

IMG_2123.jpg

さて長い前置きになってしまったが、本題である。

Cypher Labs製のポータブルD/AコンバーターAlgoRhythm Solo -dBそして
ALO製ポータブルヘッドホンアンプRxMk3-bである。
これらの機器同士の接続にALO製MiniXLRケーブルを購入。
総額で18万円程の出費となった。
はたしてMOMENTUMをうまく鳴らしてくれるであろうか。

MOMENTUMの音質は好みが分かれるところだろうか。
優しく上品な音の押し出し感があり、突出する帯域もなくフラットである。
ヴォーカルが少し下がり気味であり中高音に音のこもりがある。
ソースによってはヴォーカルが後ろに隠れてしまい酷い音だなと感じる事もあるのだ。
敢えて悪い部分を指摘すればの話であるが、こと、ナデアとダイアン・バーチに関しては上手く鳴らしてくれないのである。

ではSolo-db及びRxMk3-BのコンビネーションはMOMENTUMにどういった変化を齎してくれるのであろうか。

まず一聴して驚いたのが解像度の飛躍的な向上であろう。
思わず声に出して歓喜する程の驚きである。
iPod classic直挿しでの音質は、音に立体感がなく左右に音場が広がりヴォーカルや楽器の分離がイマイチであったが、これらの機器を接続する事により、前後左右上下に音場が広がり立体感はポータブル機とは思えぬ程である。
それにより楽器とヴォーカルの定位感も良くなり、他の楽器に埋もれる事なく聴き取る事が出来る。
全ての楽器が活き活きと元気に音を奏でその躍動感は素晴らしいものだ。
ナデア、ダイアン・バーチともに声に艶が増し「嗚呼!かっこいい。」と思わず溜め息が漏れる程の変化である。

とは言え、MOMENTUMの個性を壊す様な味付けを私は好まない。
もちろんSolo-db & RxMk3-bの組み合わせによってMOMENTUMの良さを壊す事はない。
私がMOMENTUMに抱いていた不満を全て払拭してくれる形であると言えるだろう。
’’ダイアン・バーチとナデアをMOMENTUMで上手く鳴らす’’と言う事に関しては100点満点であり、文句無しの仕上がりである。

今回、何より驚いたのが、MOMENTUMの潜在能力である。
据え置き機に引けを取らない伸び代があり、ポータブルのみならず自宅でのメイン機としても十分な性能を発揮する素晴らしいヘッドホンであると改めて認識させられたのである。

ナデア&ダイアン・バーチ、MOMENTUMがその生き様をうまく描写してくれるであろう。
結構な出費ではあるが満足のいく結果となったので良しとしよう。
来年は白トリュフと赤ワインを諦めて、野菜ジュースと干椎茸にすればいい。

良いお年を。

※Cypher Labs AlgoRhythm Solo -dBとALO RxMk3-bに関するレビューは後ほど。
(SENNHEISER / MOMENTUM ゼンハイザー モメンタム)
スポンサーサイト

♯2 Diane Birch MOMENTUMの柔らかさ。

imCCCCCCCages.jpeg

ヘヴィーローテーション、ダイアン・バーチのファーストアルバム''Bible Belt''は最高の一枚だ。

初めての出会いは''Jazz Women''という女性ヴォーカリストを集めたオムニバスアルバムに収録されていた''Fools''だ。
一聴してその独特な歌声に一目惚れである。

初めて白トリュフの芳醇な香りを味わった時の感動と似ているのである。

IMG_2032.jpg

外出時はMOMENTUMでダイアン・バーチを頂く。
卵黄と小麦粉で練り上げたパスタをバターとチーズで絡め、そこに白トリュフを削る。
単純な料理であるが、その奥深さは宇宙だ。
果たしてMOMENTUMに宇宙を感じる事が出来るのであろうか。

否、MOMENTUMでは力不足なのかもしれない。
のびたうどんに鰹節を削る様だ。
不味くはないが美味くもない。

imCCCages.jpeg

MOMENTUMの柔らかく優しい雰囲気は、ダイアン・バーチとうまくマッチすると考えていたのだが、私の印象はネガティブである。
歌声は曇り気味であり距離感も遠い。
演奏全体が弱々しく元気がない、と言った感じである。
ダイアン・バーチの楽曲ではもう少し全域に渡ってアクティブさが欲しいところである。

のびたうどんと言うのは的を射た表現ではなかろうか。
MOMENTUMの柔らかい音質はうどんの様である。
残念ではあるが、MOMENTUMでは白トリュフのタヤリンは再現出来ない。

決して不味くはないのだが、美味いとも言えない。


♯1 Diane Birchはタルトゥーフォの香り
♯3 HD650バランス駆動 / Nadéah(ナデア)& Diane Birch


(SENNHEISER / MOMENTUM ゼンハイザー モメンタム)
(タヤリンとはイタリア・ピエモンテの方言。タリオリーニという卵黄で練り上げた手打ち面の意)

♯1 Nadéah(ナデア) / MOMENTUMで試聴

IMG_2016_20121203225547.jpg

私の音楽ライブラリはMacのハードディスクに納められ、子機iPod classicへと転送される。
毎月数十ギガ単位で増え続ける音源を、垂れ流す様に、否、浴びる様に、否いや、砂糖の大地に巣穴を掘るアリンコの様に音楽を聴き続ける日々である。

悲しいかな、時間には限りがある為、再生が追いつかず聴き逃しているアルバムも少なからずあるのだ。

iPod classicのシャッフル再生にはドラマがある。
数千曲と納められた音源をランダムに再生するのだ。
うとうとと夢見心地で突然流れ出した、中島みゆきの''とろ’’には寒気が走ったものだ。

そんな中、出会いは突然やってくる。
MOMENTUMから流れるその楽曲は''とろ''の様な寒気ではなく、鳥肌の立つサウンドであった。


nadeahvenusgeseven.jpg
Venus Gets Even / Nadéah(ナデア


Nadea(ナデア)というアーティストがいる。
出てくる言葉は、「ああ、かっこいい」
これだけで十分だ。
ブルージーなジャズサウンドと人間味溢れる歌声に聴き入るであろう。
その世界観は私を忽ち虜にしたのである。

MOMENTUMでナデアを聴き続ける。しかし私が出した答えは、
MOMENTUMではナデアを鳴らしきれない。である。
あきらかに力不足であり、もっともっとパワーのあるヘッドホンが必要であると感じたのだ。
ナデアの作る世界と彼女自身を奥深くまで掘り下げてくれるヘッドホンである。

HD700の出番だ。

果たして中島みゆきの''とろ''を超えられるであろうか。


♯2 Nadéah(ナデア) / HD700と赤ワインで
♯3 HD650バランス駆動 / Nadéah(ナデア)& Diane Birch

(SENNHEISER / MOMENTUM ゼンハイザー モメンタム)

Red Hot Chili Peppers #2 / MOMENTUM ピアーノピアーノ

IMG_2016_20121203225547.jpg

レッチリをMOMENTUMで鳴らし込む。

上品でまったり傾向なMOMENTUMであるが、レッチリがドライブするMOMENTUMはどういった印象であるか。

これほどまでに眠たくなる様なレッチリは聴いた事が無い。
退屈で面白みが無く、スピード感や躍動感は皆無だ。
突出する帯域はなく、あくまでもどこまでもフラットであり特徴がない。

だがしかし、しばらく聴いているとその特徴の無さが心地良いサウンドへと変化する。
まるでジャズを聴いているかの様な上品なレッチリには驚きだ。

エレキギターは丸く、ベースラインはしっとり落ち込み、ドラムスは優雅に響き、ヴォーカルはさだまさし。

なるほど。
まさにこれがMOMENTUMならではの魅力であるか、いや、レッチリの隠された裏チューニングなのか。

2006-stadium-arcadium.jpg
Red Hot Chili Peppers / Stadium Arcadium:


Red Hot Chili Peppers #1 / AMPERIORでクールに
Red Hot Chili Peppers #3 / HD800でサプライズ
Red Hot Chili Peppers #4 / 定番ロックホン HD700


(SENNHEISER / MOMENTUM ゼンハイザー モメンタム)

ノラ・ジョーンズ #3 MOMENTUMで柔らかく

IMG_2016.jpg

ノラジョーンズ第三回 MOMENTUM
前回、前々回と据え置き機でのレビューであったが今回はポータブル環境でのレビューである。

MOMENTUMでノラジョーンズを聴いてみるのだが、やはりMOMENTUMは優秀なヘッドホンであると再確認するのである。
iPod classicから直接再生であるが、ノラジョーンズの魅力を十分に堪能出来るであろう。


ウッドベースはウッドベースらしい音をしっかりと再現し、ピアノの音も美しい。
ドラムスはひっそりとリズムを刻み上品である。
ノラの歌声はやや一歩下がった位置からになるがしっかりとその魅力を引き出してくれる。

密閉型である故音場に余裕が無く各楽器が纏まり少し騒がしい。
低音の響きも密閉型の特性であるが、ウッドベースや低いキーのピアノ等の中低音が強調されてしまい、
少し煩わしく感じてしまう面もある。
しかしその反面、その騒がしさと低音の響きがサウンドに温かみを醸し出し、なんとも言えない雰囲気を作り出してくれるのである。
ノラジョーンズの楽曲にマッチするMOMENTUMの特性である。

兎にも角にもMOMENTUMのチューニングは上品である。
高音域は丸く刺々しさは無く、中低音が上品に鳴り込み聴き疲れの無いまったりサウンドである。

足下にストーブを焚き、MOMENTUMとホットミルクそしてノラジョーンズの優しい囁きで私は五分と持たずに深い眠りに落ちてしまうであろう。
images_20121203011520.jpeg
もう少し、聴いていたいのだが


ノラ・ジョーンズ #1 HD700とノラジョーンズの世界
ノラ・ジョーンズ #2 HD800で鳴らすノラジョーンズ
ノラ・ジョーンズ #4 HD650 レトロチックに
ノラ・ジョーンズ #5 子守唄になれないAMPERIOR
ノラ・ジョーンズ #6 究極の癒しフォン HD598
ノラ・ジョーンズ #7 HD800リベンジ


(SENNHEISER / MOMENTUM ゼンハイザー モメンタム)

シェリル・クロウ MOMENTUMでYOUTUBE  "I Want You Back"

ポータブル専用機として活躍するMOMENTUMであるが、自宅にて使用する事は殆どない。
自宅でじっくり音楽を楽しむ場合、やはり開放型を手に取ってしまう。

YOUTUBEで好きなアーティストのライブやPV等を楽しむ場合、MOMENTUMが適している事に今更ながら気付いたのである。
高解像度ヘッドホンでは音質の悪さが際立ちあまりよろしくない。
密閉型であるMOMENTUMの強みでもある低音の響きが迫力あるサウンドを聴かせてくれるのである。



私の大好きなアーティストの一人であるシェリル・クロウ。
もう50歳になる彼女ではあるが、その歌声はいつの時代もセクシーである。



Sheryl Crow - "I Want You Back"



(SENNHEISER / MOMENTUM ゼンハイザー モメンタム)

MOMENTUMで聴くBONNIE PINK

IMG_1958.jpg

MOMENTUMが奏でるBONNIE PINKにはモメンタムならではの魅力がある。
高解像度ヘッドホンで聴くBONNIE PINKよりもモメンタムのまったりした雰囲気が妙にはまる。
自宅で音楽を聴く場合、密閉型のヘッドホンを使う事はまず無いのだがBONNIE PINKだけはどうしてもモメンタムをアンプに繋いでしまうのである。
モメンタムの持つまったりした温かみとBONNIE PINKが作り出す世界。まるでキャンティクラシコを飲みながらビステッカ アッラ フィオレンティーナをたいらげる気分である。

数あるBONNIE PINKの楽曲の中、MOMENTUMで聴く一番のおすすめは

images_20121201003321.jpeg


Every Single Day -Complete BONNIE PINKに収録されているSurprise!

BONNIE PINKの透き通る歌声と吐き捨てる様な叫び、ワイルドなエレキギターの音色。
モメンタムの深い帯域まで沈み込むバスドラム、他の帯域を邪魔しない体に染み渡るベースライン。
最高のナンバーである。

モメンタムユーザーには是非一度聴いてみてほしい一曲である。


AMPERIOR × MOMENTUM 徹底比較♯1

(SENNHEISER / MOMENTUM ゼンハイザー モメンタム)

MOMENTUM インプレッション

00000957_main.jpeg

本体重量 : 約180g (ケーブル重量を除く)
型式 : ダイナミック・密閉型
周波数特性 : 16 ~ 22,000Hz
インピーダンス : 18Ω
感度 : 110dB
ケーブル1 片出し、左側約1.4m APPLE用、マイク付リモコンケーブル
ケーブル2 片出し、左側約1.4m
プラグ形状 :
角度調整型3.5mmステレオミニプラグ(ケーブル1 )
ストレート型3.5mmステレオミニプラグ(ケーブル2 )
付属品:収納Box、2種類のケーブル、6.3mm変換プラグ
実売価格:29,800円(2012/10現在)


MOMENTUMレビュー

今回のレビューはポータブルヘッドホンとしての感想であり、携帯アンプ等は使わずiPod classic直挿しでの感想である。

iPod直挿しで音量は十二分に取れており6〜7/10あたりの位置で丁度良い。
音量6/10での使用時、音漏れは殆ど感じられない。常識的な音量であれば音漏れの心配はしなくていいだろう。

付属のiPhone/iPodで使える専用ケーブルは使い勝手が良く見た目もクールであり、これだけでも価値があると感じる。
イヤーパッドとヘッドパッド部には革素材を使用しており高級感があって好印象。
装着感は申し分なく、側圧は優しく自然に耳にフィットする感じだ。
イヤーパッドはオンイヤータイプのこぶりな物だが、耳に乗せて耳全体を覆う形になるので、耳の大きな人や頭の形によってはフィット感に不満が出る可能性がある。
うまくフィットしない場合音漏れの原因になりうるので一度量販店等でフィッティングした方が無難であろう。

さて肝心の音質についてだが、私自身ポータブル用機器に其れ程高いスペックを要求しない。
ヘッドホンに関してはより高解像度である事が望ましいのは当然ではあるが、外出時に使用するヘッドホンと割り切っているので評価は若干甘くなると思われるのでその点は容赦願いたい。

解像度は価格と照らし合わせて考えると申し分ないといえるのではないだろうか。
音像定位や分離感といった要素は、密閉型故に期待は出来ないが、不満がでる様な事はない。
各楽器の音色は問題なく聴き取ることができるであろう。
突出する帯域は無くフラットであり、音との距離感が少し遠い。
高音域が少し弱く感じる部分があり、丸く鋭さの無い高音域である。
低音域は重低音までしっかり再現、横に広がりを魅せる低音ではなく、下方向に落ち込む低音域であると言える。
ヴォーカルとの距離感は遠く、演奏の中心で唄うといった印象だ。
音の押し出しは優しくソフトである。悪く言えば全く勢いがなくノリの良さは期待しない方がいいだろう。
全体的に独特の籠もり感があり、ベールを一枚被せた様なサウンドである。
上記をひっくるめて解りやすく言えば、上品で大人しく優しい音質である。

低音域が弱いと言ったレビューがちらほら見られるが、決して弱くはない。
低音域の強いソース、R&Bやヒップホップ等ではかなりのズンドコぶりを発揮してくれる。
一方、ロックやポップス等の低域を前に出さないソースでは忠実に鳴らさない。
しかしながらバックの深い帯域で演奏を支えているので薄っぺらさを感じる事はないだろう。
ともあれ好みが分かれるところだろうか。
低音ホンを好んで使う人には物足りなさを感じるかもしれない。と付け加えておこう。

ではこのモメンタム。いったいどういったジャンルに向いているのだろうか?という点が気になるところだが、
向き不向きは人によって感じ方が様々で、音楽に対する考え方によっては全く真逆の意見にもなりうるので、今回はそれについて言及するのは控えておこう。
今後じっくり聴き込んだ上で、各アーティスト毎にモメンタムとのマッチングについて書き綴っていこうと考える次第である。

見た目や装着感を含めた全体的な印象としては値段以上の満足感は得られるであろう。
音質的には、外部騒音の少ない静かな環境、或は音量を上げても問題の無い環境であるならばバランス良く聴かせてくれる良いヘッドホンである。

是非オススメしたいヘッドホンであり、私自身モメンタムとは長い付き合いになるであろう。


AMPERIOR × MOMENTUM 徹底比較♯1


(SENNHEISER / MOMENTUM ゼンハイザー モメンタム)
sennlabo
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

まーや毒毒

Author:まーや毒毒
ゼンハイザーヘッドホンに拘って色々な観点から使用感等を綴っていこう。

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。