スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AMPERIOR / マキシマム ザ ホルモン

img_484920_30119475_5.jpeg

私と同年代であるマキシマム ザ ホルモンの作り出すサウンドは、私の心を鷲掴みにする。
彼らのバックグラウンドと私の慣れ親しんで来た音楽環境は酷似しており、その音楽性に惹かれるのである。
80年代パンク・ニューウェーブを経て様々なアーティストに影響を受け、現代に完成された彼らの音楽性は普遍的であり芸術的であると私は考える。




AMPERIORが鳴らすマキシマム ザ ホルモンのサウンドはカオスである。
目の前にある一つの穴から全ての楽器の音を一斉に押し出す様なヘッドホンであるが、それがまたいいのだ。
ドロップチューニングされたエレキギターが轟音を響かせ、打楽器の如くチョッパーベースが唸る。デスヴォイスと軽快なドラムのリズム。
それらはAMPERIORならではのチューニングで一体化、脳に攻撃を仕掛けてくるのである。

やがて混乱は治まり荒れ果てた大地には花が咲き、そして快楽の世界へと誘う。


ロックである。

(SENNHEISER / AMPERIOR ゼンハイザー アンペリア)
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

sennlabo
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

まーや毒毒

Author:まーや毒毒
ゼンハイザーヘッドホンに拘って色々な観点から使用感等を綴っていこう。

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。