スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MOMENTUM インプレッション

00000957_main.jpeg

本体重量 : 約180g (ケーブル重量を除く)
型式 : ダイナミック・密閉型
周波数特性 : 16 ~ 22,000Hz
インピーダンス : 18Ω
感度 : 110dB
ケーブル1 片出し、左側約1.4m APPLE用、マイク付リモコンケーブル
ケーブル2 片出し、左側約1.4m
プラグ形状 :
角度調整型3.5mmステレオミニプラグ(ケーブル1 )
ストレート型3.5mmステレオミニプラグ(ケーブル2 )
付属品:収納Box、2種類のケーブル、6.3mm変換プラグ
実売価格:29,800円(2012/10現在)


MOMENTUMレビュー

今回のレビューはポータブルヘッドホンとしての感想であり、携帯アンプ等は使わずiPod classic直挿しでの感想である。

iPod直挿しで音量は十二分に取れており6〜7/10あたりの位置で丁度良い。
音量6/10での使用時、音漏れは殆ど感じられない。常識的な音量であれば音漏れの心配はしなくていいだろう。

付属のiPhone/iPodで使える専用ケーブルは使い勝手が良く見た目もクールであり、これだけでも価値があると感じる。
イヤーパッドとヘッドパッド部には革素材を使用しており高級感があって好印象。
装着感は申し分なく、側圧は優しく自然に耳にフィットする感じだ。
イヤーパッドはオンイヤータイプのこぶりな物だが、耳に乗せて耳全体を覆う形になるので、耳の大きな人や頭の形によってはフィット感に不満が出る可能性がある。
うまくフィットしない場合音漏れの原因になりうるので一度量販店等でフィッティングした方が無難であろう。

さて肝心の音質についてだが、私自身ポータブル用機器に其れ程高いスペックを要求しない。
ヘッドホンに関してはより高解像度である事が望ましいのは当然ではあるが、外出時に使用するヘッドホンと割り切っているので評価は若干甘くなると思われるのでその点は容赦願いたい。

解像度は価格と照らし合わせて考えると申し分ないといえるのではないだろうか。
音像定位や分離感といった要素は、密閉型故に期待は出来ないが、不満がでる様な事はない。
各楽器の音色は問題なく聴き取ることができるであろう。
突出する帯域は無くフラットであり、音との距離感が少し遠い。
高音域が少し弱く感じる部分があり、丸く鋭さの無い高音域である。
低音域は重低音までしっかり再現、横に広がりを魅せる低音ではなく、下方向に落ち込む低音域であると言える。
ヴォーカルとの距離感は遠く、演奏の中心で唄うといった印象だ。
音の押し出しは優しくソフトである。悪く言えば全く勢いがなくノリの良さは期待しない方がいいだろう。
全体的に独特の籠もり感があり、ベールを一枚被せた様なサウンドである。
上記をひっくるめて解りやすく言えば、上品で大人しく優しい音質である。

低音域が弱いと言ったレビューがちらほら見られるが、決して弱くはない。
低音域の強いソース、R&Bやヒップホップ等ではかなりのズンドコぶりを発揮してくれる。
一方、ロックやポップス等の低域を前に出さないソースでは忠実に鳴らさない。
しかしながらバックの深い帯域で演奏を支えているので薄っぺらさを感じる事はないだろう。
ともあれ好みが分かれるところだろうか。
低音ホンを好んで使う人には物足りなさを感じるかもしれない。と付け加えておこう。

ではこのモメンタム。いったいどういったジャンルに向いているのだろうか?という点が気になるところだが、
向き不向きは人によって感じ方が様々で、音楽に対する考え方によっては全く真逆の意見にもなりうるので、今回はそれについて言及するのは控えておこう。
今後じっくり聴き込んだ上で、各アーティスト毎にモメンタムとのマッチングについて書き綴っていこうと考える次第である。

見た目や装着感を含めた全体的な印象としては値段以上の満足感は得られるであろう。
音質的には、外部騒音の少ない静かな環境、或は音量を上げても問題の無い環境であるならばバランス良く聴かせてくれる良いヘッドホンである。

是非オススメしたいヘッドホンであり、私自身モメンタムとは長い付き合いになるであろう。


AMPERIOR × MOMENTUM 徹底比較♯1


(SENNHEISER / MOMENTUM ゼンハイザー モメンタム)
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

sennlabo
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

まーや毒毒

Author:まーや毒毒
ゼンハイザーヘッドホンに拘って色々な観点から使用感等を綴っていこう。

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。