スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

押尾コータローのギターとHD800

私は十代から二十代にかけてアコースティックギターで弾き語りをやっていた。
街角に出ては自己満足に唄い流すのである。

長渕剛から右手を学び、泉谷しげるから左手を学び、ボブディランから唄い方を学んだのだ。
右手で音を正確に、左手で感情表現、歌とハーモニカは魂の叫びである。
弾き語りとは音楽ジャンルに囚われる事の無い普遍的感情表現であり、
パンクでありロックであり時には愛を奏で、ジャジーでクラシックでもある。

私自身、もうずいぶんとギターを握っておらず、フォークソングや弾き語りといった楽曲も殆ど聴く事がなくなってしまったが、
私の音楽の根本は生ギターである。


41e6N+YPNuL__SL500_AA300_.jpg

押尾コータローの美しくロックでクラシックなギターサウンドは、HD800がその魅力を余す事無く存分に聴かせてくれる。
ギター一本で美しい音色を奏で、メロディーを構築し、リズムを刻み、空気を作り、緊張と緩和を齎すのである。
押尾コータローの息遣いが、HD800から感じ取れるのである。

私は押尾コータローのアルバムは月に一度程しか再生しない。
オフボーカル曲をあまり聴く事が無く、もっぱらの女性ヴォーカル好きであるからだ。
押尾コータローの熱狂的ファンの方には申し訳ないが、月に数度しか再生しないそんな私であるが、
私が聴く押尾コータローサウンドはおそらく世界一である。
その素晴らしいサウンドは言うまでもない。

IMG_2023.jpg

HD800オーナーである私の特権なのだ。


(SENNHEISER / ゼンハイザー HD800)
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

sennlabo
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

まーや毒毒

Author:まーや毒毒
ゼンハイザーヘッドホンに拘って色々な観点から使用感等を綴っていこう。

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。