スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Red Hot Chili Peppers #2 / MOMENTUM ピアーノピアーノ

IMG_2016_20121203225547.jpg

レッチリをMOMENTUMで鳴らし込む。

上品でまったり傾向なMOMENTUMであるが、レッチリがドライブするMOMENTUMはどういった印象であるか。

これほどまでに眠たくなる様なレッチリは聴いた事が無い。
退屈で面白みが無く、スピード感や躍動感は皆無だ。
突出する帯域はなく、あくまでもどこまでもフラットであり特徴がない。

だがしかし、しばらく聴いているとその特徴の無さが心地良いサウンドへと変化する。
まるでジャズを聴いているかの様な上品なレッチリには驚きだ。

エレキギターは丸く、ベースラインはしっとり落ち込み、ドラムスは優雅に響き、ヴォーカルはさだまさし。

なるほど。
まさにこれがMOMENTUMならではの魅力であるか、いや、レッチリの隠された裏チューニングなのか。

2006-stadium-arcadium.jpg
Red Hot Chili Peppers / Stadium Arcadium:


Red Hot Chili Peppers #1 / AMPERIORでクールに
Red Hot Chili Peppers #3 / HD800でサプライズ
Red Hot Chili Peppers #4 / 定番ロックホン HD700


(SENNHEISER / MOMENTUM ゼンハイザー モメンタム)
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

sennlabo
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

まーや毒毒

Author:まーや毒毒
ゼンハイザーヘッドホンに拘って色々な観点から使用感等を綴っていこう。

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。