スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノラ・ジョーンズ #4 HD650 レトロチックに

IMG_2018.jpg

ノラ・ジョーンズ その4 HD650でのレビューである。


開放型ヘッドホンであるが音場はコンパクトであり、密度の濃いサウンドが特徴的である。
高音域が弱く全体的にベールを一枚被せた様なサウンドである為、眠気誘発指数は最高レベルである。
低音域が豊かで制動が弱く、全体に広がりボワつくがノラとの相性は悪くない。
ノラとの距離感は決して遠くはないが、声にハリとボリュームが不足している様に感じる。
他の楽器に埋もれている場面が多々見受けられるが、声の質感は決して悪くない。

高解像度、広大な音場を持つHD800、HD700とノラジョーンズを聴き比べてきたが、私がHD650に抱く印象を一言で表すとすれば、レトロチックサウンドである。
細かく音質的な部分を言及するなれば、決して良いとは言い難いのだが、その独特な雰囲気で聴くノラジョーンズは、私に懐古的感情を抱かせる。
そう。子供の頃にお母さんに塗ってもらったヴィックスヴェポラップだ。


上位2機種とは全く違った性格を持つHD650の最大の魅力は、超暖色系サウンドであろう。
そのサウンドはノラジョーンズの素晴らしさを引き立て、私の脳を気持ち良く刺激する。

発売から10年になるHD650であるが、その奥床しく心地良いサウンドは今もなおオーディオファンを魅了し続ける所以であろう。

やはりノラ・ジョーンズはいつも通りに素晴らしい。

JJJDJJDJ.jpg


ノラ・ジョーンズ #1 HD700とノラジョーンズの世界
ノラ・ジョーンズ #2 HD800で鳴らすノラジョーンズ
ノラ・ジョーンズ #3 MOMENTUMで柔らかく
ノラ・ジョーンズ #5 子守唄になれないAMPERIOR
ノラ・ジョーンズ #6 究極の癒しフォン HD598
ノラ・ジョーンズ #7 HD800リベンジ


(SENNHEISER / ゼンハイザー HD650)
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

sennlabo
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

まーや毒毒

Author:まーや毒毒
ゼンハイザーヘッドホンに拘って色々な観点から使用感等を綴っていこう。

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。