スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Red Hot Chili Peppers #3 / HD800でサプライズ

IMG_2021.jpg

HD800で聴くレッチリはサプライズの連続である。

私の音楽ライブラリにはレッドホットチリペパーズのアルバムが全てある。
初期のレッチリのアルバムを聴く事があまりなく、2000年以降の音源が好みである。
完成形かと思われた2000年以降のレッチリサウンドは今も尚熟成し続け、いったいこの先どういった形を魅せてくれるのか興味津々である。

現代フランス料理の様に常に進化し続け、サプライズな味わいを楽しませてくれるレッチリはまさにレストランである。
そんなレストランでは、今夜も賑やかに宴が開かれる。
私はHD800を手に取りレッチリを頂く。
レッドホットなチリペパーズはとてもクールだ。
ホットな食材にクールなシャーベットを添える様な巧みの料理だ。

imaCCCCCCges.jpeg

HD800で聴くレッチリは繊細で鋭く絶妙にかっこいい。
音像は細く上品であり、広い音場をテクニカルなサウンドで満たす。
HD800の特性である控え目な低音域がレッチリサウンドに奥行きのある味わいを与えてくれる。
バスドラムがバックで深く鳴り込み、ベースラインはビシビシと弦を弾く音を響かせる。
前面ではギターサウンドが優雅に鳴り、シンバルの響きは頭の上で刺激を与えてくれる。
ロックに広い音場は必要ないと考える事もあるのだが、レッチリサウンドはその広い音場を余す事無くポジティブに使い切ってくれるのだ。

アミューズから前菜へ、メインディッシュそしてデザートまで完璧な塩加減と味付け、そして絶妙な腹具合と満足度を提供するそんな一流シェフの仕事ぶりには敬意を表する。
そして会計時には更に冷や汗とサプライズで迎えてくれるのである。

レッチリを食べ尽くすにはHD800の味付けが最高に美味い。
奥深さ、格好良さ、高揚感を味わう事が出来る一流ヘッドホンHD800の仕事ぶりには敬意を表する。
そしてこのヘッドホンが16万円もするという事に、更に冷や汗とサプライズが迎えてくれるのである。


Red Hot Chili Peppers #1 / AMPERIORでクールに
Red Hot Chili Peppers #2 / MOMENTUM ピアーノピアーノ
Red Hot Chili Peppers #4 / 定番ロックホン HD700

(SENNHEISER / ゼンハイザー HD800)
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

sennlabo
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

まーや毒毒

Author:まーや毒毒
ゼンハイザーヘッドホンに拘って色々な観点から使用感等を綴っていこう。

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。