スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

♯1 Avril Lavigne / AMPERIOR 

IMG_2036.jpg

AMPERIORで聴くアヴリル・ラヴィーンは至高
もう何度も同じ事を繰り返し言うが、最高にノリの良いアヴリルを聴かせてくれるのである。
低音域のキレが最高に良く、他のヘッドホンには無いスピード感を再現。
ドラムスのビシバシズンドコ感は最高に素晴らしい。
もう何百回と再生しているアヴリルの楽曲であるが飽きる事が無く楽しめるのである。

アヴリルを再生する度に感じるのである。
AMOERIOR買って良かった、と。


Avril_Lavigne_on_piano,_Italy_(crop)


ファーストアルバム''LET GO''のリリースが2002年、デビューから10年である。
もう随分と長い付き合いの様な感覚でいたのだが、まだ10年かと、ふと当時の自分を振り返る。
何の事は無い。何も変わらない自分がいるだけだ。
強いて言うなれば、浴びる様に飲んでいたアルコールが牛乳に変わったくらいだ。

しかしこの10年でアヴリルの楽曲は変化を見せる。
4枚目のアルバム「Goodbye Lullaby」ではかなりイメージの異なるアヴリルを魅せてくれる。
個人的にはパンキッシュでやんちゃなアヴリルが好きなのだが、そんな姿は見当たらない。
例えるならば、ドライなジントニックが甘いカルアミルクになった様だ。

嗚呼、私と同じだ。

(SENNHEISER / AMPERIOR ゼンハイザー アンペリア)
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

sennlabo
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

まーや毒毒

Author:まーや毒毒
ゼンハイザーヘッドホンに拘って色々な観点から使用感等を綴っていこう。

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。