スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Adele ブルージーでスモーキーな歌声 HD650

adele21.jpg

Adele(アデル)
イギリスのシンガーソングライター、痺れる程渋い歌声を聴かせてくれるブルースシンガーだ。

実は随分と前からアデルのアルバムは私のライブラリに納められていたのだが、数回の再生に留まり、ライブラリの奥深くに埋もれていたのだ。
じっくり時間をかけて聴き込みたいアーティストの一人ではあるのだが、私が選ぶヘッドホンと楽曲の相性、そしてアデルの世界観と私の気分がうまくマッチしないのである。
アデルを聴くのであればHD650がマッチするのではないだろうか?
私の中でそういった思い込みがあった為に再生するタイミングがうまく合わなかったのである。
何故ならば、私はHD650をあまり使わないからである。

IMG_2017.jpg

高音域が弱く、こもりがちな音質が音源を選び、私が好んで聴くジャンルでは使いどころが難しいヘッドホンである。

今回アデルを聴くにあたり使用したアンプはオルトフォンのHD-Q7である。
音質面はともかく、そのデザインに惹かれて購入したヘッドホンアンプではあるが、HD650そしてアデルとの相性は抜群ではないだろうか。


IMG_2065.jpg

アデルの歌声は太く響きわたり溜め息が漏れる程に聴き入ってしまう。
HD650がこれほど美しいピアノの音色を奏でるのかとハッとさせられる事がしばしば。
曇りがちな音質は明るさを増し、全体的に丸みを帯びてより柔らかくしなやかな音質である。
他のアンプでは感じる事が出来なかった中高音の美しさが印象的である。


ともあれ、ことHD650に関しては来年発売予定のゼンハイザー製ヘッドホンアンプ、HDVD800とのバランス駆動を視野に入れている為、他のヘッドホンアンプとの相性云々を言及するつもりはない。

しかしながらHD-Q7とHD650のコンビネーションは素晴らしい。
HD650の使用頻度が増えるだろう。

そしてアデルがヘヴィーローテーションされるのは言うまでもない。


(SENNHEISER / ゼンハイザー HD650)
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

sennlabo
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

まーや毒毒

Author:まーや毒毒
ゼンハイザーヘッドホンに拘って色々な観点から使用感等を綴っていこう。

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。