スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

♯1 / Emi Meyer / 素晴らしきヴォーカリスト HD650×HD700

エミ・マイヤーに一目惚れである。その魅惑の歌声は私を虜にする。
淡々と語りかける様な歌声の中に、親近感を抱く表情豊かな一面を垣間見る事が出来る。
この感覚は一体何なのだろうか。とてつもなく奥の深い身体に染み付いた様な魅惑なのだ。
その素晴らしい歌声は私を虜にする。
そう、初恋の味 カルピスの様に。

CDDDDc1ris.jpg

さて、カルピスはどうでもいいので置いておこう。
この素晴らしきヴォーカリスト、エミ・マイヤーのアルバム ''Suitcase Of Stones''をじっくりと聴き込む。
私のリファレンス機はHD700だ。
あらゆるジャンルをそつ無くこなし、下手を打つ事はまずないと言えるだろう。
当然、エミ・マイヤーも上手く鳴らしてくれるHD700である。
ヴォーカルは透き通る様に美しく響き、ピアノの音色は低音から高音域まで綺麗に聴かせてくれる。
気になる不満点は無く、リファレンス機として優れた性能を発揮するHD700であるが、最近ふと思う事があるのだ。
もう少し濃ゆい音が欲しいなと。気分的なものであるのだが。

そんな時はHD650に手を伸ばす。
HD650が聴かせてくれるエミ・マイヤーは如何なるものか。

HD700とはうってかわって音像は丸く優しい音を聴かせてくれるHD650。
ピアノが印象的でズシリと響く音色を聴かせてくれる。
ヴァイオリンの音色もリアルで心地よい。
ヴォーカルはHD700に比べて若干後ろに下がるが、その質感は魅力的である。
中高音が曇りがちなHD650の特性が気になる所であるが、独特な雰囲気を作り出すきっかけとも言えるであろう。

クリアで高解像度、きめ細やかで美しく澄んだ音色を聴かせてくれるHD700に対して、
温かみのあるウォーム系、音像は丸く鋭さの無い優しい響きのHD650である。
どちらも魅惑のエミ・マイヤーを聴かせてくれるのであるが、その魅力を奥深くまで感じさせてくれるのはHD650である。

HD650が鳴らすエミ・マイヤーには深みがある。
深みと言うのは演奏の立体感や空間表現ではなく、音そのものの深みである。
音像に奥行きを感じ、体に染み渡る様な心地良さが脳を支配するのである。
一方HD700はキレが良くすっきり美しい音を聴かせてくれるのであるが、一音一音の奥深さが弱く、エミ・マイヤーの魅力を存分に楽しむ事が出来るのだろうか、と疑問に感じる部分がある。
あくまでも好みの範疇ではあるが、例えるならばカルピスみたいなものである。
薄く割ったカルピスに氷をたっぷり入れてガブ飲みするも旨し、濃く割ったカルピスをチビチビ飲むも旨しである。
いずれにせよカルピスの普遍的価値が変わる事はなく、、、要するにエミ・マイヤーは氷で割ってもお湯で割っても美味いものは美味いのだ。

そして私が出した結論は、エミ・マイヤーを聴くのであれば、HD650が''初恋の味''なのだ。


(SENNHEISER / ゼンハイザー HD700 HD650)
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

sennlabo
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

まーや毒毒

Author:まーや毒毒
ゼンハイザーヘッドホンに拘って色々な観点から使用感等を綴っていこう。

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。