スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまにはHD598をじっくりと

IMG_2049.jpg

自宅にてじっくり音楽を楽しむ。
私が手に取るヘッドホンの選択肢にHD598はない。
寝ながらホンとして毎日の睡眠時には欠かせないヘッドホンであり、その甘い解像度と刺激の少ない丸い音質は子守唄の様であり心地よく夢の中へと導いてくれるのだ。

たまにはHD598でじっくりと音楽を楽しんでみようではないか。
数千曲と納められたライブラリをランダムに再生する。
果たして私を唸らせる様な、HD598とマッチした音源は見つかるであろうか。

IMG_2050.jpg



1312600852.jpeg

RANCID
何故かこのバンドの楽曲が耳に留まる。
ロックを聴くのであればもう少しエッジの効いたヘッドホンを選びたい所であるが、意外にもHD598はRANCIDをかっこ良くまとめてくれる。
単純編成なバンド、特にロックの中でもパンク系の単純な楽曲構成とコード進行がHD598には合うのかもしれない。
否、複雑な構成や楽器の数が増えるとHD598の能力では表現しきれないというのが正解かもしれないが、まぁ良しとしよう。
やはりパンクロックは荒々しく轟音を響かせる様な鳴らし方がいいだろう。
HD598の豊かな低音域がベースラインを弾む様に鳴らし、中音域の図太さがエレキギターをうまく纏める。
高音域がネガティブなヘッドホンであるが、その特性が逆にパンキッシュな良い雰囲気を醸し出す。
その昔ハードコアパンクバンドのアナログレコードを無造作に買い漁り、聴き入っていた頃を思い出す。
HD598が鳴らすRANCIDにはアナログレコード的な魅力があるのかもしれない。

しかしながらRANCIDの純粋なパンクサウンドはいつ聴いてもかっこいい。
私がハードコアパンクを引退してから世に出て来たバンドである為、当時リアルタイムで聴く事はなかったのだが、
否、THE CLASH的なパンクロックはあまり好みではなかったというのもあるのだが、今聴くとそのピュアなパンクサウンドがズシリと心に響く。

最近では専ら女性ヴォーカルローテーションであるのだが、
たまにはHD598でパンクロックをじっくりと聴いてみるのもいいかもしれない。

もう何年も触っていないエレキギターが欲しくてローンを組んでしまうと大変な事になってしまう。
ああ、やばいやばい。


(SENNHEISER / ゼンハイザー HD598)
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

sennlabo
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

まーや毒毒

Author:まーや毒毒
ゼンハイザーヘッドホンに拘って色々な観点から使用感等を綴っていこう。

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。