スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AMPERIOR × MOMENTUM 徹底比較♯1

アンペリアとモメンタムの比較をしてみたいと思う。
発売されてまだ間もなく、ネット上でのレビュー等も出揃っておらずこの両機種で迷っておられる方も多い事だろう。
ゼンハイザー密閉型ヘッドホンの代表2機種の徹底比較である。




MOMENTUM(モメンタム)実売価格:29,800円(2012/11現在)

本体重量 : 約180g (ケーブル重量を除く)
型式 : ダイナミック・密閉型
周波数特性 : 16 ~ 22,000Hz
インピーダンス : 18Ω
感度 : 110dB
ケーブル1 片出し、左側約1.4m APPLE用、マイク付リモコンケーブル
ケーブル2 片出し、左側約1.4m
プラグ形状 :
角度調整型3.5mmステレオミニプラグ(ケーブル1 )
ストレート型3.5mmステレオミニプラグ(ケーブル2 )
付属品:収納Box、2種類のケーブル、6.3mm変換プラグ



AMPERIOR(アンペリア)実売価格:29,800円(2012/11現在)

質量 : 約6.7オンス
型式 : ダイナミック・密閉型
周波数特性 : 16~22,000Hz
インピーダンス : 18Ω
音圧レベル : 120dB
ケーブル形状 : 片だし
プラグ形状 : 3.5mm ストレート型
付属品:2種類のケーブル


両機種ともにインピーダンスが低くポータブルプレーヤーからの出力であっても十分なパフォーマンスを発揮する。
両機種ともApple製品専用ケーブルと通常のケーブル二種類が付属。

IMG_1988.jpg


クリックで拡大
Untitled.jpg IMG_1995.jpg
NEW2Untitled.jpg Untitled3.jpg 


見た目や質感は好みが分かれるところだろうか。
付け心地に関しても両機種とも対象的でありAMPERIORは万力の如く締め上げるピッタリ密着する仕様。
オンイヤータイプで耳を覆う形状ではなく耳に押し付ける形である。
側圧が強く不快感を覚える可能性があり、ある程度の慣れが必要である。

一方MOMENTUMは優しくゆったり耳に乗せ全体を覆う形になる。
側圧はちょうど良く付け心地は快適だが頭を揺らすとイヤーパッドがずれる可能性がある。

両機種ともに常識的な音量での使用であれば音漏れの心配はない。
当然大音量での使用であれば両機種共にかなりの音漏れが懸念されるであろう。

Apple製品専用ケーブルはMOMENTUMの方が使いやすい。
AMPERIORが特別使いづらいという訳ではなく、MOMENTUMケーブルの完成度が高すぎるのであろう。

音質に関してはポータブル機と割り切っての使用であれば両機種ともに満足のいく音質である。
それぞれ個性的な音を聴かせてくれるヘッドホンであり好みが完全に分かれるところであろう。
見た目と音質が比較的マッチしておりAMPERIORは若者向けの見た目と音質、一方MOMENTUMは年齢層の高い位置にターゲットを向けている模様、見た目と質感そして音質もその傾向が感じられる。
音質に関する詳細は次回以降に書き綴ろう。

簡単ではあるが見た目と付け心地の評価である。

AMPERIOR購入からまだ日が経っておらず、聴き込み不足である為、詳細な音質に関する調査は追々書き綴って行く次第である。


(SENNHEISER / MOMENTUM ゼンハイザー モメンタム)(SENNHEISER / AMPERIOR ゼンハイザー アンペリア)
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

sennlabo
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

まーや毒毒

Author:まーや毒毒
ゼンハイザーヘッドホンに拘って色々な観点から使用感等を綴っていこう。

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。